ほっぺこちゃんと、透明パパ 「か」 ~かわいい子には旅させよ~

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

kahoppeko

■■■■■■主要人物ぷろふぃーる■■■■■■
・ほっぺこちゃん:わやわやハウスに通う、5歳の女の子。カバンの中にいれているもの、ティッシュ、人形、人形用のミルクの素、アメの包み紙、ペン数本、メモ帳、薬(折り紙をちぎったもの)
・パパ:ほっぺこちゃんのことが大好きな、ほっぺこちゃんのパパ。ときどき透明になって、わやわやハウスにこっそり通う。
・にょろにょろさん:わやわやハウスの保育者。いまのところ、いろいろ謎。。趣味カメムシ集め。
・子どもたち:わやわやハウスで、毎日わやわや遊んでいる。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「たんけん、たんけん」

ほっぺこちゃんは わやわやハウスにいく準備をしています。

「おべんとうと、すいとうと、きがえでしょ。それからロープと、かいちゅうでんとうと、あとあれだ、ママー!」

「はいはい」ママが新聞から顔をあげて答えます。

「あのさー、あれない、あれ」ほっぺこちゃんが言います。

「あれって、なにさ」

「おり」

「おりって、動物とか入れるやつ?」ママが聞きます。

「そう、どうぶつはいれないんだけどさ、ばけものいれるの」

「ばけもの?」キッチンからパパが聞きます。

「そ。きょう、ばけものさがしにいくんだよ。だからさ、おりいるんだけど」

「ない」ママが言います。

「あーざんねん。ま、いっか」

「もし本当にばけものに会ったらどうするの。やめなさい」パパが心配そうに言いました。

「だいじょうぶだよ」ほっぺこちゃんが言いました。「もしでたら、ロープでぐるぐるまきにするんだから」

「うーん、ばけもの強いからね。そして、それ毛糸でしょうが」

「だってロープないんだもん」

「懐中電灯もいるの?」

「うん。ばけものって、あかるいときはでないから。よる くらぁ〜くなったら、これつけるの。パチッ!」

「やめときなさい」パパが言いました。「子どもは夜出歩くもんじゃありません」

「だいじょうぶだよ」ほっぺこちゃんが言いました。「にょろにょろさんもいるし、みんなでいくから」

「かわいい子には旅させよ、だよ。新聞にもそう書いてある」新聞から顔をあげずにママが言いました。

 

それでもパパは心配で、薬を飲んで透明になってこっそりついていくことにしました。

夕方、ほっぺこちゃんたちは ばけもの探しにでかけます。歩道橋をわたって階段を降りると、駅前広場です。デパートや、カフェや、本屋さんが並んでいます。

「ぜんぜんくらくない」

「こんなんじゃ、ばけものでないよね」

子どもたちは口をとんがらせて言います。

「これから、これから」にょろにょろさんが言いました。

「今日行くところはね、昔々そのまた昔、お城だったところでね。今は公園になってるけど、そりゃあ暗いんだから」

「ひー」ともちゃんが小さい声で言いました。「なんかこわそう」

「だいじょうぶだよ」と、ほっぺこちゃん。「ばけものでたら、けいとでぐるぐるまきにするから」

遊歩道をどんどん歩くうちにだんだん暗くなります。しばらくすると、こんもりと影を山盛りにしたようなところにでました。

「さあ、ついたよ」にょろにょろさんが言いました。

「ひー」ともちゃんが小さく声をあげました。「まさか、はいるの?」

「はいろうよ。かいちゅうでんとうあるから、だいじょうぶ」と、ほっぺこちゃん。

 

公園のなかは真っ暗です。風が吹くと木がゴトゴト、草がざわざわ。

「もうかえろうよー」ともちゃんが言いました。

「だいじょうぶ…じゃない、うん、かえろう」ほっぺこちゃんも言いました。

「ばけものさがしはもういいの」と、にょろにょろさん。

「いい、いい」ともちゃんと、ほっぺこちゃんが声をそろえて言いました。

それで帰ることにしました。でもほっぺこちゃんは見てしまったのです。トイレの横にたっている薄青い影のようなものを。

それはトイレの入り口からこちらを見ています。その体は半分透けています。

「ぎゃあああ!」ほっぺこちゃんが叫びました。「あ、あ、あそこにばけものが。あおいばけものが」

「どこどこ…ぎゃあああ!」

パパはほっぺこちゃんの大声をきいて、かけよりました。

「どうしたの?何があったの」

「ぎゃあー、ばけものがこっちくる」

「え、ばけものって、え、え?」

「ばけものがしゃべった!」

「パパのこと?パパだよ、パパ」

「ひぃぃっ、にげろー」子どもたちみんな公園の外へ逃げていきます。にょろにょろさんもかけだします。

やっとのことで駅前広場まできました。パパもやっと追いつきました。その頃には薬もきれて、パパの姿はくっきりと見えていました。

「あ、パパ。いまたいへんだったんだよ、あおいばけものに おいかけられてさ」ほっぺこちゃんが言います。

「だからね、それ、パパなの」

「なにいってんの」と、ほっぺこちゃん。

「このひと、ばけものかも」ともちゃんがひそひそ言います。「あんた、ほんもの?」

「本物です」パパが言いました。「さあ、もう帰りましょう」

パパが一歩近づくと、みんなが一歩下がります。

「おーい、信じてくれよ〜」

 

次の日ともちゃんはばけものの絵を書きました。ほっぺこちゃんのパパにそっくりでしたが、上から下まで青いクレヨンで塗られていました。

 

(今週の言葉)

かわいいこには旅をさせよ

 

我が子がかわいいなら、親の元において甘やかすようなことをせず、世の中のつらさや苦しみを経験させたほうがよいということ。

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

すいっち無料会員登録
The following two tabs change content below.
青山誠

青山誠

「りんごの木」保育者。保育のかたわら執筆を行う。第46回「わたしの保育~保育エッセイ・実践記録コンクール」(小学館)にて大賞を受賞。子どもに関わる人の対話と交流の場「りんごの木サタデーナイト」主催したり、保育仲間とともにwebマガジン「こどもうちゅう」を運営したり、様々な企画にも携わる。著書に『あなたも保育者になれる』(小学館)、『子どもたちのミーティング』(共著、りんごの木)、『言葉の指導法』(共著、玉川大学)など。 りんごの木 http://ringono-ki.org りんごの木サタデーナイト https://www.facebook.com/ringo.Sat.night/ こどもうちゅう http://kodomo-uchu.com

関連記事

コメントをどうぞ