孤育てからの脱却を目指し産前から対話でサポートする「coe(こえ)」


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、子育て領域で活動をしている久保主税さんから連絡をいただき coe(こえ) というサービスの話を聞きました。

「子育ては大変だけど、楽しい」って感じてもらえるようにしたいという想いに共感したので、ここでも紹介いたします。

 

COE(こえ)はLINEで友達になるだけで​子育てのサポートが受けられるサービスです。

「子育てを頑張るあなたを1人にしない」そんな思いを実現するために、「なにかあったら相談」ではなく「何もなくても話をしたい」
嬉しいことも心配なことも気軽に相談できるサービスです。

COEには子育ての専門家や地域の先輩ママ、先輩パパなど様々な方が参加しています。あなたの子育ての疑問に、いろいろな視点からアドバイス、サポートしています。

LINEで友達になるだけで、あなたの応援団が作れるような感じですね。

産前であれば、妊娠後の不安や悩みなどに専門家(助産師さんや保健師さんなど)によるサポートチームがそれぞれの得意分野を活かしたお話ができます。

産後なら、育児に関すること、ご自身の心の動きなどを話すことができる、COEからも育児イベントや地域情報などもお伝えしていきます。

育児は、100人100通りで正解はありませんが、お子さんのためにも正しい知識に触れることが重要です。疑問や不安に思ったとき、「こえ(COE)」に聞けば、その内容にあった方がお話しをしてくれます。

運営パートナーの久保さんのブログには、このように書かれています

私たちは、産前からつながりを持つことで、育児が始まってからの孤立を防ぐことができ、産後うつや虐待、自殺を減らしたいという思いで、「coe(こえ)」を作りました(中略)

しかし、産前から妊婦さんに関わることは難しく、またサポートする仕組みを作ることは、行政の壁、本人の心理的な壁などいろんな課題があり、難しいのが現実です。しかし、誰かがその仕組みを作らなければ、出産、育児の課題は解決しないと思い、私たちはクラウドファンディングで387人からご支援を頂き、産前から応援団となる市民が関わり、サポートする仕組みを作り、ママもパパをサポートし始めました。

 

このサービスは、現在、ある地方自治体に協力を頂き、母子手帳を配布するときに、「COE(こえ)」を紹介しているそうです。このようにして、産前にアプローチできるという取り組みが素晴らしいですよね。

COE(こえ)ー心がつながる子育てへー

https://www.miraikosodate.com/

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
斎藤 哲

斎藤 哲

7歳の娘と4歳の息子をかかえる2児の父。 2000年にネット業界に入り、企業のウェブコミュニケーションを専門領域とする。近年はFacebookのマーケティングコンサルの実績も多い。子どもに関わる仕事をしたくて「すいっち」を立ち上げた。 著書 Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法 http://www.grouprise.jp/