子どもが園や学校であったことを教えてくれない


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちの子、学校であったことを全然、話してくれないんですよー」という声をよく耳にします。

何でも、話して欲しいと思う気持ちは親であれば、当たり前のことかもしれませんが、日ごろからなんでも話せるような環境が作れているかどうかも大きなポイントです。

このような場合、次の3つのことを意識してみましょう。

子どもコミュニケーション① ピンポイントの質問を心がける

聞き方が「ざっくり」すぎると何を答えていいかわからなくなります。
「今日、どうだった?」ではなく、「お昼休みに何してた?」とか「今日は、誰と一番、お話しした?」と具体的に答えられる質問をして、話を掘り下げましょう。私の場合は、「一番たのしかったことは何?」と聞くよりも、「一番、頭にきたこと」とか「一番、悔しかったこと」の方が話してくれますね。そこから掘り下げていった方が多くの会話につながりましたよ。

子どもコミュニケーション②日頃の会話で、共感を意識する

いつもの子どもとの会話の中で「何で、そんなことするの?」とか「それはダメでしょ」などと、子どもの会話を否定することが多くなってませんか?

そうすると、話しても、また否定されて面倒だから話さない、伝えても面白くないからめんどくさいという思考になっているかもしれません。

それは、ダメだなぁということでも、一旦、子どもに共感し、自分のダメだと思う気持ちを伝えるようにしてみましょう。

子どもコミュニケーション③しっかりと話しを聞く時間を作る

何かをしながらの、「ながら」聞きばかりでなく、1日5分でもいいので、しっかりと話しを聞く姿勢を作ってコミュニケーションをとる時間を作りましょう。毎日でなくても、パパはちゃんと話を聞いてくれるというように思ってもらいましょう。

 

いかがでしたか?

まずは、①からでもトライしてみてください。

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
斎藤 哲

斎藤 哲

7歳の娘と4歳の息子をかかえる2児の父。 2000年にネット業界に入り、企業のウェブコミュニケーションを専門領域とする。近年はFacebookのマーケティングコンサルの実績も多い。子どもに関わる仕事をしたくて「すいっち」を立ち上げた。 著書 Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法 http://www.grouprise.jp/