ほっぺこちゃんと、透明パパ 「さ」~さよなら三角、またきて四角~

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

sahoppeko

■主要人物ぷろふぃーる■
・ほっぺこちゃん:わやわやハウスに通う、5歳の女の子。カバンの中にいれているもの、ティッシュ、人形、人形用のミルクの素、アメの包み紙、ペン数本、メモ帳、薬(折り紙をちぎったもの)
・パパ:ほっぺこちゃんのことが大好きな、ほっぺこちゃんのパパ。ときどき透明になって、わやわやハウスにこっそり通う。
・にょろにょろさん:わやわやハウスの保育者。いまのところ、いろいろ謎。。趣味カメムシ集め。
・子どもたち:わやわやハウスで、毎日わやわや遊んでいる。
■■■■■■

ほっぺこちゃんと、ともちゃんが手をつないで歌をうたっています。

 

ほっぺこ  「さよならさんかく、またきてしかく」

ともちゃん 「しかくはとうふ、とうふはしろい」

ほっぺこ  「しろいはウサギ、ウサギははねる」

ともちゃん 「はねるはカエル、カエルはあおい」

ほっぺこ  「あおいはやなぎ、やなぎはゆれる」

ともちゃん 「ゆれるはゆうれい、ゆうれいはきえる」

ほっぺこ  「きえるはでんき、でんきはひかる」

ともちゃん 「ひかるはおやじのハゲあたま」

 

ほっぺこちゃんと、ともちゃんは公園にやってきました。

水道から水をだします。飲み口に親指をあてて、水を霧のようにまきちらします。

ほっぺこちゃんのシャツはもうびっしょびしょ。ともちゃんのズボンもびしょびしょです。

そこへおじさんとおばさんが通りかかりました。

 

おじさん 「公園の水をあんなにむだにして。公園の水だってもとは税金だぞ」

おばさん 「あらあら本当に元気でいいわねぇ」

おじさん 「びしょぬれになってるじゃないか、まったく」

おばさん 「ほんとねぇ、今日は暑いからちょうどいいわねぇ」

 

公園ではみんなが「だるまさんころんだ」をやっています。ほっぺこちゃんと、ともちゃんも一緒にやることにしました。

「はじめのいーっぽ!」

「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ!」

そこへおじいさんと、おばあさんが通りかかりました。

 

おじいさん 「ほう、今もやっとるかのう」

おばあさん 「あたしたちの小さい頃も、さんざんやりましたよねぇ」

おじいさん 「どれ、まぜてもらおう」

おばあさん 「転んだりして、怪我しないでくださいよ」

 

おじいさんは「だるまさんころんだ」に入って、遊びます。

「はじめのいーっぽ!」

「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ!」

おじいさんは3番目につかまりました。おじいさんと、ほっぺこちゃんは小指と小指をつなぎます。おじいさんの小指は大きくて、しわしわです。

 

ほっぺこちゃんと、ともちゃんは木登りをすることにしました。ほっぺこちゃんが先に木に登ります。

通りかかったおじさんがいいました。おじさんは花を持っています。

「すごいね、もっと高く登ってごらん」

ほっぺこちゃんはもっと高く登りました。おじさんはにこにこしながら行ってしまいました。

しばらくすると、帽子をかぶったおじさんが通りかかりました。

「危ないだろ。降りなさい、降りなさい。エヘン、エヘン」

ほっぺこちゃんは木から降りました。帽子のおじさんは行ってしまいました。

にょろにょろさんがやってきました。

「どうしたの」

「あのね」ほっぺこちゃんがいいました。「きのぼりしてたら、おはなのおじさんがきて「もっともっとのぼんなさい」っていうの。こんどは、ぼうしのおじさんがきて、あぶないからおりなさいっていうの」

「それで、こまっちゃったんだね」

「うん」

「お花のおじさんは、子どもが木に登っててすごいな、どんどんやってごらんって思ったんだねぇ。帽子のおじさんは、子どもが木に登ったら落ちるかもしれないから危ないって思ったんだね。おとなもいろいろだね」

「うん」

「それで、ほっぺこちゃんはどうしたい」にょろにょろさんが聞きました。

「んー」ほっぺこちゃんはちょっと考えてからいいました。「ぼうしのおじさんがいないときに、のぼることにする」

 

今回の言葉

「さよなら三角、またきて四角」

わらべうた。地域や時代により、さまざまなバージョンがある。

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

すいっち編集長がクラウドファンディングに挑戦中!!

仕事も家庭も楽しい!
パパであることを楽しむ秘訣を全国のパパに伝えたい!

詳しくはこちら

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
青山誠

青山誠

「りんごの木」保育者。保育のかたわら執筆を行う。第46回「わたしの保育~保育エッセイ・実践記録コンクール」(小学館)にて大賞を受賞。子どもに関わる人の対話と交流の場「りんごの木サタデーナイト」主催したり、保育仲間とともにwebマガジン「こどもうちゅう」を運営したり、様々な企画にも携わる。著書に『あなたも保育者になれる』(小学館)、『子どもたちのミーティング』(共著、りんごの木)、『言葉の指導法』(共著、玉川大学)など。 りんごの木 http://ringono-ki.org りんごの木サタデーナイト https://www.facebook.com/ringo.Sat.night/ こどもうちゅう http://kodomo-uchu.com

関連記事

コメントをどうぞ