レッジョ・エミリア の 子どもたちの100の言葉 「でも、100はある」

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

産まれてきた時は、誰もが制約もなく自由な発想を持っています。そして、それを誰しもが認めています。

幼児教育でも、その多様性に目を向け、それを伸ばそうとした教育を行っています。

でも、そこに制限を設ける大人がいます。

一番、最初に制限を設けるのが親。

もちろん、危険がある行為には制限を設けないといけません。危険を冒す前に声をかけるのは当然のこと。ただ、それ以外のことではできるだけ制限をかけないで欲しい。

 

・ブロック、積み木などで見本は作らないでほしい
・おもちゃは遊び方を示さないでほしい
・急に遊びを中断しないでほしい
・絵本だって前から読まなくてもいい
・ぼーっとする時間を許してほしい
・おもちゃじゃないものもおもちゃにしてあげて

 

その次に、制限を設けるのが小学校。とても窮屈。

 

・時間を守らなければならない
・授業中は前を向かなければならない
・正解はひとつでなければならない
・先生の顔色をうかがわなければならない

 

こんな風に育てられた子ども達は本当にかわいそう。

自己肯定感が高まるわけがない。

 

いつも、そんなことを考えていたら、素敵な言葉に出会いましたので

みなさんに、おすそ分け。

 

 

子供たちの100の言葉 「でも、百はある。」

子どもには 百とおりある。
子どもには
百のことば 百の手 百の考え 
百の考え方 遊び方や話し方
百いつでも百の聞き方
 驚き方 愛し方 歌ったり
理解するのに 百の喜び
発見するのに 百の世界
発明するのに 百の世界
夢見るのに 百の世界がある
子どもには 百のことばがある
…それからもっともっともっと…
けれど
九十九は奪われる
学校や文化が
頭とからだを ばらばらにする
そして子どもに言う
手を使わずに考えなさい
頭を使わずにやりなさい
話さず聞きなさい
ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは 
復活祭とクリスマスだけ
そして子どもに言う
目の前にある世界を発見しなさい
そして百のうち 九十九を奪ってしまう
そして子どもに言う
遊びと仕事
現実と空想
科学と想像
空と大地
道理と夢は
一緒にならないものだと
つまりは百なんかないと言う
子どもは言う
でも 百はある

ローリス・マラグッツィ(田辺敬子・訳)

 

 

 

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
斎藤 哲

斎藤 哲

7歳の娘と4歳の息子をかかえる2児の父。 2000年にネット業界に入り、企業のウェブコミュニケーションを専門領域とする。近年はFacebookのマーケティングコンサルの実績も多い。子どもに関わる仕事をしたくて「すいっち」を立ち上げた。 著書 Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法 http://www.grouprise.jp/
コメントをどうぞ