絵本専門士が教える絵本選びの3つの大切なポイント

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

絵本専門士の大河原悠哉(がっちょ)です。

私は、子育て支援関係のイベントを主催・運営したり、親子向け・保育者向けなどに絵本に関する講座をしたりしています。

その中で、よく質問されることの1つに「絵本の選び方」が挙げられます。どうやって絵本を選んで良いか分からない、絵本を選ぶコツが知りたいなど、絵本を選ぶことに悩まれている方がとても多いようです。

今回は私なりに「絵本の選び方のコツ」をお伝えしたいと思います。おうち時間が多くなっていると思うので、少しでも絵本ライフを楽しめるようになってもらえたらと思います。

 

絵本選びのポイント①子どもの興味ある絵本をえらぼう

絵本を選ぶ上で、普段から絵本に馴染みがあるのかないのかによって、大きく異なってきます。

普段から絵本に馴染みのある子どもで、絵本の時間が楽しいと感じていれば、どのような絵本でも興味を楽しむことができます。

 

難しいのは、絵本にあまり馴染みがなかったり、絵本の時間を楽しめなかったりする親子向けのお話をしていきたいと思います。

 

絵本にあまり馴染みがない、絵本に興味がないのに無理強いは逆効果(絵本嫌いになってしまうかも)になってしまいます。そこで、大切なことは「子どもの興味や関心のあることに注目する」ということです。

 

例えば、車が大好きな男の子だったら車が登場する絵本だったり、ケーキが大好きな女の子だったらケーキが出てくる絵本だったり、時には、絵本に限らず車の図鑑やケーキのパンフレットなど。とことん子どもの「好き」という気持ちに寄り添ってみてください。

大人も同じだと思うんです。好きなことをしている時は、夢中になったり楽しすぎて時間を忘れてしまったり。反対に嫌いなことに関しては、飽きるのが早かったり時間が過ぎるのが遅く感じたり…。

 

子どもだって例外ではないのです。子どもも大人も一緒。

好きなことに付き合ってくれる人には悪い気はしないですもんね。

 

絵本を選ぶ際には、子どもが何に興味を持っているのかをしっかり見極めてあげることが大切なんじゃないかと思います。

 

この話をすると、「車の絵本しか読まないんです(車好きの子)」って言われたりもします。

素晴らしいことではないですか!好きだから何回も読みたくなるし、もっと違うものを見たかったり詳しくなりたかったりするものです。

 

年齢を重ねていけば、いずれ興味・関心は違うものに移り変わってきます。(好きなものをとことん極める子もいますが)子どもの好きにたっぷり付き合ってあげて欲しいと思います。

 

絵本選びのポイント②集中できる時間を目安に選ぼう!

絵本を選ぶ上で、年齢によってある程度適した絵本があります。また、一人ひとり集中できる時間が違いますし、絵本に慣れているかによっても大きく異なります。

 

私は普段子育て支援センターでおはなし会などをしています。そのおはなし会の時に定番となる絵本の中に【だるまさんが】という赤ちゃんから楽しめる絵本があります。長年親しまれている絵本の1つに福音館書店から出版されている【ぐりとぐら】があります。3歳くらいから楽しめるお話です。

 

【だるまさんが】かがくいひろし/作
ブロンズ新社

 

【ぐりとぐら】中川李枝子/文 大村百合子/絵
福音館書店

 

私のおはなし会に来てくれていたとある女の子(当時1歳3ヶ月)のお母さんがこんな話をしてくれました。

「【だるまさんが】を読んでも飽きちゃうんです」と。

 

お母さんは悩まれている様子でしたが、さらに話を聞いてみると「【ぐりとぐら】などの長いお話が好きみたいで」と。

 

絵本を読む習慣があったご家庭では、対象年齢を超えて物語絵本を楽しんでいるとのことだったのです。

お母さんは少し残念そうに「【だるまさんが】を読んであげたいんだけどね」とお話をしてくれました。

 

一方、とある男の子(当時5歳)のお母さんは、「物語絵本をすぐに飽きてしまう。楽しめるのは【だるまさんが】とかの赤ちゃん絵本だけ」と。

対象年齢が絵本などに記載されていますが、あくまでも参考です。1歳くらいの子でも【ぐりとぐら】のような物語絵本を好きな子もいれば、5歳くらいでも【だるまさんが】が好きな子もいる。

 

どれが良くて、正解ということはありません。自分の子どもがどれくらい絵本を楽しめるのか、絵本を読む習慣があるのかで大きくことなってきますので、5歳なのに赤ちゃん絵本じゃないと楽しめないと悲観的にならず、地道に絵本習慣をつけていけば良いのかと思います。

 

どの家庭もそれぞれの悩みがあるようです。周りの子や年齢を気にせず、自分のお子さんが何に興味・関心を持っているのかを見極めてあげることが大切です。

 

焦らずじっくりお子さんと一緒の絵本ライフを楽しみましょう!

 

絵本選びのポイント③直観を大切にしよう!

昔話の1つに「ももたろう」があります。皆さんはどんなももたろうを知っていますか?

「ももたろう」と言っても様々な絵本があります。これでも一部です。

 

サイズ感も違えば、イラストも様々です。もちろんストーリーも絵本によって異なります。じゃあ、どれを選べば良いの?と悩んでしまいますよね。

 

ここで大切にして欲しいのが「直観」です。

パッと見た時にどれが読んでみたい、面白そうと思いましたか?絵本にとって看板でもある表紙。人それぞれ感性が違いますので、選ぶ絵本か変わってくると思います。

お父さんとお母さんでも違うでしょう。親と子どもでも違うでしょう。それで良いと思うのです。だからこれがけ絵本の種類もある。

「直観」は結構当たります。読んでみて面白かった、買って良かったと。もちろんあまり面白くなかったということもあるかと思いますが、次に活かしていけば良いのです。

「直観」で選ぶ習慣をつけておくと自然と「絵本を選ぶ力」が身に付いてきます。絵本を選べるようになってくると絵本を読むことや選ぶことが楽しくなっていきます。

 

子どもが直観で選んだり、お父さん・お母さんが直観で選んだりしながら、絵本の時間を楽しんでいって欲しいなと思います。

 

絵本選びは子どもを見つめなおしてから

各ご家庭、様々な生活スタイルがありまし、子どもにもそれぞれ個性があります。無理に絵本を読もうとすると、楽しい時間ではなくなってしまいます。

親が読んであげたい絵本、周囲がおススメする絵本、情報が多いだけに迷ってしまうこともあると思います。

ただ、周りに目を配る前に、自分の子どもの好きなものは何か、どういうタイプの絵本に興味を持つ傾向にあるのかに目を向けることが大切です。

今まで絵本を選ぶことに悩まれていた方もたくさんいたかと思います。今回の記事を参考にしていただき、少しでも絵本の楽しさを感じていただけたら幸いです。

 

親子で楽しい時間が送れたら選書は大成功です。絵本を選ぶことも親子で楽しみながらおうち時間を楽しんでいきましょう!

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
大河原悠哉(がっちょ)
公立保育士4年、公立幼稚園教諭6年の計10年の保育現場経験ののち退職。 平成29年6月に独立行政法人国立青少年教育振興機構による「絵本専門士」を取得。子育て支援センターや図書館、本屋などでおはなし会や保育者・親子向けの絵本講座や研修を行っている。 現在は、ライター・保育士・子育て支援イベントの主催や運営など様々な顔を持つ。 親子で絵本を読むとことは、コミュニケーションの1つ。子どもはもちろん、パパやママが楽しめる絵本に出会ってもらいたい。そのお手伝いができればと思います。 『【絵本専門士】がっちょの絵本ブログ』を運営
コメントをどうぞ