赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんじゃない〜育児奮闘中のパパ・ママへ

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は赤ちゃんを育てて日々苦労しているパパ・ママに、同じく赤ちゃん時代苦労した私が今感じていることを正直に綴ります。

子供が2歳になりました。

子供が2歳になった今思うこと。

産まれたばかりの頃はパパもママである私もどうしていいかわからない状況のときが多かったのが、今は随分そんなことも減りました。

振り返れば、いつまでたっても泣き止まず私まで泣き崩れて育児に自信が持てなくなっていた日々もありました。

パパも同じだったと思いますが、今ではパパのほうが育児に積極的で、子供をとても可愛がってくれています。

赤ちゃんはどうしても意思表示が難しいし、言葉もまだまだ理解できない。たしかに存在しているんだけどまだまだ人間らしくないというか…。それが、だんだん言葉を発してくるようになり、感情を顕にしたり、玩具で楽しそうに遊んだりするようになる。だんだん人として実感が湧くようになりました。

私の場合は子供が赤ちゃんだった頃はとにかく守らなくちゃの気持ちが強かったですが、パパとは少しその辺が違っていたように思います。パパはどちらかといえばその頃からイクメンなほうだったのですが、赤ちゃんが夜泣きしたら怒っているときもありました。余計に泣く赤ちゃんを私があやして、なんてときがありました。

怒るパパに私が怒って「赤ちゃんに怒っちゃダメだよ!」と言うときもありました。

今思えば本当にそんなのあっという間でしたが、あの頃は夫婦で四苦八苦していたなって思います。

もしあの頃の私たちに伝えられるとしたら、「あっという間なんだから頑張って!」って言いたいです。

ただこれは赤ちゃんの時代を終えたから思えるものであって、今赤ちゃんを育てていて日々苦労しているパパ・ママにとってはやはりただの気休めにしか聞こえないかもしれません。

実際育てていると目の前のことしか目に入らないから。

でもこれだけはわかってほしいんです。

赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんじゃない

いずれ赤ちゃんだった頃が恋しくなるということ。

わが子が赤ちゃんだった頃に同じようなことを耳目にしていて当時はそう思えなかった私ですが、今、これは本当なんだなと実感しています。

成長には波があり、やっと育児が楽になったと思うと今度は別の問題が発生して苦労する、その繰り返しです。その波が成長と共に緩やかになっている気はします。

一時は育児ノイローゼにもなりかけた程、育児が嫌になるときもありました。本当に私、この子を育てて生きていけるのかなって不安になるときも。そんな私が今では子供が可愛くて仕方なくて、もう子供がいない人生なんて考えられない。子供が成長し、言葉をよく理解できるようになり、意思表示ができるようになり、一緒に遊ぶのが楽しいです。疲れるときもありますが、可愛いと思う気持ちと愛情は溢れています。

ようやく2歳。でもまだまだ2歳。それでも2歳!

2歳になってくれて本当にありがとうと心から感謝していると共に、これからの健康を祈りつつ、今後の成長も楽しみです。

また、産まれたての頃はそれはそれで貴重なのですが、成長したから積み上げてこれた時間っていうのも貴重です。積み上げてきた時間があるからこそ思い出もできて、愛情も倍増するんじゃないかなと思います。

 

おわりに

毎日育児お疲れ様です(*^^*)

今が例えば辛いとしても、赤ちゃんは日々成長します。同じ毎日はありません。成長したお子さんの姿をイメージしながら、日々頑張りましょう!

育児に奮闘中のパパさんママさんのお力になれれば幸いです。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
田原尚子

田原尚子

2017年5月生まれの男の子ママです イラストや漫画を描くのが趣味です。 ・ブログ 颯くんの新米ママblog♡ http://s.ameblo.jp/amewind
コメントをどうぞ