東京都 育休推進企業に奨励金最大300万円を支給

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

公益財団法人東京しごと財団雇用環境整備課は、都内企業における男性の育児休業取得促進を目的として、企業に最大300万円を支給する「働くパパママ育休取得応援事業(働くパパコース)」を実施いたします。

会社に奨励金を勧めてみたいと思うか

 

■働くパパのリアルな声

東京しごと財団雇用環境整備課では、都内で開催された子育てイベントにて、妊娠中または育児中の妻を持つ働く男性を対象に独自のアンケート調査を行いました(有効回答数102)。本奨励金を会社に勧めてみたいか、との質問には6割が「勧めたい」と回答しました。理由に挙がったのは「育休取得のきっかけになる」「育休取得しやすい雰囲気になる」といった勤務先の環境の変化を期待する声でした。

一方、4割は「勧めない」と回答しました。その理由として、「復帰後の昇進の遅れを懸念する」「会社が育休に否定的」「育休を取得しづらい雰囲気がある」といった、男性が育休を取得することに後ろ向きな職場風土を挙げた回答が目立ち、奨励金を進めたい理由と同じく職場の環境が大きな壁になっていることが明らかになりました。

個々人の能力を充分に発揮し、男女問わず活躍できる社会の実現が求められている今、父親が積極的に育児に関わることの重要性が再認識されています。そのためには、社会全体として男性の育児参加を後押しし、意識変革をしていくことが必要となります。

公益財団法人東京しごと財団では東京都と連携して、男性に育児休業取得を推進する都内企業を後押しするため、都内企業に対して最大300万円を支給する「働くパパママ育休取得応援事業(働くパパコース)」を実施します。

 

■働くパパママ育休取得応援奨励金「働くパパコース」

【奨励対象事業者】

●都内企業であること(企業規模不問)

●都内勤務の雇用保険加入労働者を2名以上かつ6か月以上継続雇用していること

●男性従業員に育児休業を取得させたこと

 

【対象となる従業員】

●都内在住かつ在勤していること

●雇用保険に加入していること

●子が2歳になるまでに連続15日以上の育児休業を開始し、終了したこと

●育児休業から原職復帰後、継続して雇用されていること

 

【奨励金額】

●25~300万円(育児休業取得15日ごとに25万円加算)

 

【申請期間】

●原職復帰後3か月経過した翌日から2か月以内

※募集要項はこちら

https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/overview/31papamamayoukou.html

※パパコースの他、従業員に1年以上の育児休業を取得させ職場環境整備を行った都内中小企業等に奨励金を支給する「働くママコース」もございます。詳しくはお問い合わせください。

ーーーーーーー
■本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人東京しごと財団雇用環境整備課

担当: 谷口

TEL : 03-5211-2399

FAX : 03-5211-2760

Mail: ikukyushien@shigotozaidan.or.jp

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

コメントをどうぞ