楽天トラベル、グランピングが人気の宿ランキングを発表


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行予約サービス「楽天トラベル」( https://travel.rakuten.co.jp/ )は、 2021年3月1日(月)~2022年2月28日(月)の宿泊期間を対象にした、 「グランピングが人気の宿ランキング」を発表しました。 全国のグランピング施設が取り扱う宿泊プラン、 ならびに「グランピング」のキーワードを含む宿泊プランの宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)は、 「楽天トラベル」全体で前年同期比+34.3%増加しました。 その中で、 宿泊人泊数が多かった宿をランキングした結果、 1位は山梨県の「河口湖カントリーコテージBan&グランピングリゾート」となりました。

昨年、初めてグランピングを経験しました。それまでは、テントでのキャンプ経験は何度もあったのですが、グランピングに行くと何でも揃っていて、あの手軽さと自由時間が増える快適さは病みつきになりそう。。。テント泊にも良さはあるので、うまく使い分けできるようになるといいですね。

グランピングが人気の宿ランキングTOP5

順位 都道府県 宿泊施設名
1位 山梨県 河口湖カントリーコテージBan&グランピングリゾート
2位 大阪府 GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF
3位 千葉県 キャメルホテルリゾート
4位 静岡県 マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ
5位 静岡県 GLAMPING 藤乃煌 富士御殿場


1位の山梨県「河口湖カントリーコテージBan&グランピングリゾート」は、 昨年から2年連続で同ランキング1位を獲得しました。 約6,000坪の広大な敷地を有し、 富士山と河口湖を一望できるロケーションが人気を集めています。 グランピングタイプの客室は、 ヨーロッパ風の内装が施されており、 各客室に併設の大型ウッドデッキには、 ミニテントやハンモックが設置されています。 昨年6月には新たに専用露天風呂が設置され、 贅沢な気分を味わいながらアウトドアを満喫することができます。 また、 貸別荘のように利用できるコテージタイプの客室も選ぶことができ、 部屋に関するクチコミは全体で4.81(注)と高い評価を得ています。 宿泊構成別では、 子連れのファミリー利用の割合が約4割と最も多く、 次いで男女グループ利用が約3割となっています。 全国のグランピング施設の宿泊構成比と比較すると、 男女グループの割合は約2倍高い結果となり、 友人同士などのグループ利用に支持されている傾向が伺えます。
(注)2022年3月25日時点


2位の大阪府「GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF」は、 大阪駅から車で約20分の距離にある、 アメリカのマイアミをイメージしたベイエリアに建つグランピング施設です。 美しい夕日を見渡せるロケーションの良さが、 クチコミでも高い評価を集めています。 宿泊人泊数は前年同期比+60.7%と大きく伸長し、 昨年の4位からランクアップしました。 宿泊構成別にみると、 女性グループ利用が前年比+83.6%と、 成長をけん引しています。 また、 大阪府在住の宿泊者が全体の約6割を占めています。


3位の千葉県「キャメルホテルリゾート」は、 昨年に続き同ランキングのトップ3にランクインしました。 敷地内にはゴルフ場が併設され、 御宿海岸にも近いことから、 様々なレジャーを楽しむことができます。 昨年4月にゴルフコースと隣接して建てられた「ゴルフコースビューDOME TENT Glamping」は、 冷暖房を完備したドーム型テントで、 大きな窓の外一面にゴルフコースが広がる開放的な景色を眺めながら快適に過ごすことができます。 また、 大型テントにハンモックやパラソルなどのアイテムが付いた「プレミアムグランピング」タイプの部屋も人気を集めています。 関東圏からの人気が高く、 一都三県の宿泊客が9割以上を占めています。

トップ20の紹介については「Rakuten Travel Guide(楽天トラベルガイド)」をご覧ください。
https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/glamping

────────────────────────────────────────────
グランピングが人気の宿ランキング 概要
────────────────────────────────────────────
算出日:2022年3月17日(木)
算出対象:全国のグランピング施設が取り扱う宿泊プランならびに「グランピング」のキーワードを含む宿泊プランの以下の宿泊期間における宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)を集計。
対象宿泊期間:2021年3月1日(月)~2022年2月28日(月)

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
斎藤 哲

斎藤 哲

7歳の娘と4歳の息子をかかえる2児の父。 2000年にネット業界に入り、企業のウェブコミュニケーションを専門領域とする。近年はFacebookのマーケティングコンサルの実績も多い。子どもに関わる仕事をしたくて「すいっち」を立ち上げた。 著書 Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法 http://www.grouprise.jp/