子どもと東京オリンピックを楽しもう①~チケット抽選申込受付迫る~

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オリンピックを子どもと楽しもう

東京オリンピック開催まで500日を切り、チケットの抽選申込みも間近になってきましたね。

我が家の子どもたちは、2020年には小学校3年生と年長さんになります。きっと、東京オリンピックの様々な競技を見ても感動するだろうし、海外から多くの方が来るので多様な人種・文化に触れて驚くことも多いでしょう。だからこそ、この機会に、世界、そして日本に興味を持って欲しいと思っています。

同じように、この東京オリンピックを子どもと目いっぱい楽しもうと考えている方も多いかと思います。「すいっち」では、子どもと一緒に東京オリンピックを120%楽しむための情報をどんどん紹介していきますね。

東京オリンピックを子どもと楽しむための第一歩

TOKYO 2020 ID はもう取得しましたか?東京オリンピックの公式サイトでのチケットを購入するにはTOKYO 2020 ID の登録が必要なんです。チケット情報もいち早く流れてきますし、登録することで様々なイベント情報を見ることもできます。ID登録が完了した方には、「TOKYO 2020 PASS」が発行され、様々なイベントなどで提示すると特典もあるんですよ。

いち早く情報を取得するためにも登録して損はありません。

TOKYO2020IDの登録はこちらから
https://tokyo2020.org/jp/special/2020id/

東京オリンピックチケットの購入方法

2019年の春には公式チケットの抽選申込がスタートとなります。購入方法の詳細は、これから発表になるようですが、もう目の前まできているんですよ。購入方法の詳細もTOKYO 2020 IDを取得していれば送られてくるのです。

IDの登録には、IDとなるメールアドレスがあればOK。あとは、登録時に任意のパスワードを入力して、お住まいの国の選択が必要です。もちろん、登録は無料なのでいち早く登録しておくことをおススメします。ちなみに、チケット購入の際には、氏名、お住まい、電話番号、生年月日の登録が必要となってくるようです。

TOKYO2020IDの登録はこちらから
https://tokyo2020.org/jp/special/2020id/

東京オリンピックのチケットの価格は?

気になる東京オリンピックのチケットの価格ですが、開閉会式のチケットの価格は12,000円~300,000円。競技の一般チケットの価格は2,500円~130,000円で、チケット全体の半分以上が8,000円以下で購入できるようになります。
(※チケット価格は、2018年7月20日現在のものです。大会計画や競技スケジュール等により、価格帯等は変更となる場合があります。)

結構、良心的な価格だなぁと思いつつも、チケット争奪戦はスゴイことになりそうな感じですよね。

また、一般チケット以外にも「車いすユーザチケット」「東京2020みんなで応援チケット」「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」があり、これ以外にも、観戦チケットに大会関連グッズやお土産等とセットになったチケットプログラム(東京2020チケットプラス(仮称))が検討されているようです。

この中でも、子どもと一緒に観戦するのであれば「東京2020みんなで応援チケット」がおススメです。開閉会式を含む全ての競技が対象で12歳未満の子どもを含む家族やグループであれば購入できるチケットで2,020円/枚となっています。座席は最下位のエリアになるそうなので、どうしても間近で見たい競技の場合は選ばないほうがいいかもしれませんが、子どもと一緒に東京オリンピックの雰囲気を堪能したいのであれば、「東京2020みんなで応援チケット」もいいですよね。

東京オリンピックのチケットの種類を確認する
https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/type/

2020年東京オリンピックを楽しみたい方は、準備を始めていきましょうね。

■■■■■■■■
「子どもと東京オリンピックを楽しもう」関連記事
子どもと東京オリンピックを楽しもう②~Let’s 55 Projectに参加しよう~

子どもと東京オリンピックを楽しもう③~パプリカ♪を覚えよう~

本記事に掲載されている情報において、その正確性や有益性などを保証するものではありません。この記事の情報から行う全ての行動については、読者の責任によって行ってください。「すいっち」では、その責任を一切負うことはできません。また、記事に掲載される金額やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細な情報は必ずリンク先でご確認ください。

このライターの他の記事を読む

このライターの記事一覧

The following two tabs change content below.
斎藤 哲

斎藤 哲

5歳の娘と2歳の息子をかかえる2児の父。 2000年にネット業界に入り、企業のウェブコミュニケーションを専門領域とする。近年はFacebookのマーケティングコンサルの実績も多い。子どもに関わる仕事をしたくて「すいっち」を立ち上げた。 著書 Facebookマーケティング 価値ある「いいね!」を集める心得と手法 http://www.grouprise.jp/
コメントをどうぞ